2010年09月26日

どうなるサブラクセーション!?

最近、海外ではサブラクセーションという言葉がなくなりつつあります。

サブラクセーションとはイネイトインテリジェンス(健康になろうとする力)を滞らせる背骨に起こる神経伝達障害を言います。

この言葉がなくなるとうことはカイロプラクターにとっては大問題です。

イギリスではすでにサブラクセーションという概念が消え、アメリカのCCE(カイロプラクティック教育員会)では教育内容の変更でサブラクセーションという言葉はいっさい出てきていないらしいです。

今回、サブラクセーションという言葉がイギリスで消えたことは、サブラクセーションの存在が確認できず、推測の範囲を超えないという理由があったらしいです。

しかし、カイロプラクティックはもともとユニバーサル・インテリジェンス(大宇宙の法則)という、証明不可能なものの上に成り立っているので、サブラクセーションの存在の確認が取れないからといって今さら概念がなくなっても…という感じですが。

こんな話を出すと宗教っぽくなってしまうのでこの辺にしますが、カイロプラクティックはサブラクセーション(神経伝達障害)に対し素手によるアジャスト(調整)を行いイネイトインテリジェンス(健康になる力)を働きやすくするキッカケをあたえる療法です。

「問題なのはサブラクセーションという言葉じゃなく患者さんの症状を治すことだ」と思う人もミキサーカイロプラクターの中にはいると思います。


しかし、カイロプラクティックはもともと症状や、痛み、関節の機能障害、身体のゆがみなどを対象にしているわけではなく、サブラクセーションを対象にしています。

この概念がないと「ここの背骨固いんで矯正しましょう…」という感じになるんじゃないでしょうか??

整体と何がちがうのでしょうね…


まあ、私たちカイロプラクターが今まで通り行えば問題ありませんが…

これからのカイロプラクティックの未来が危ぶまれます。


posted by chiropractor1224 at 20:48| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サブラクセーションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
カイロプラクターのトリヤマです。教育上の取り扱いが無くなっても、人々の体には確実にサブラクセーションは存在します。そして、それをアジャストメントするのが我々カイロプラクターの仕事である。それは間違いありません。心を強く持って頑張りましょう。
Posted by 鳥山 at 2011年02月19日 08:47
鳥山さんコメントありがとうございます。

コメント欄の確認の仕方がわからず今日に至ってしまいました。

定義自体が消えてもやることは変わりません。

お互い頑張りましょう。
Posted by I will become a ストレートカイロプラクター! at 2011年03月09日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163835021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。