2010年12月15日

本質

本質とは、あるものがそのものであると云いうるために最低限持たなければいけない性質をいう。もしくはそうした性質からなる理念的な実体をいう場合もある。或る存在を必然的にその存在として規定する内実がその本質である。
伝統的には、「それは何であるか」という問いに対する答え(「何性」)として与えられるもの。

本質という意味を調べるとこう辞書に載っています。

私は物事を突き詰めて突き詰めて、余分な物を取り除いていくと最終的に本質が見えてくると思っています。


未熟ながら私はカイロプラクティックの本質はサブラクセーションのアジャストにあると思っています。

サブラクセーションとは身体、細胞の一つ一つを統合する脳からの情報伝達を妨害する物でアジャストとはサブラクセーションを対象としたカイロプラクターが行う素早い刺激を受けた人の身体が反応することです。

アジャストが身体で行われると身体はその人なりの自然な状態を取り戻そうとします。

カイロプラクティックでできる事はサブラクセーションを探し、刺激を加え身体によりアジャストされる環境になるキッカケを作ることです。


最近読んでいる本にこんなことが書いてありました。
「目の前にあっても、わかったつもりになっていてもその本質には近づけない」

自分もわかったつもりになっているかもしれません。常に考えていきたいです。



posted by chiropractor1224 at 02:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

自然

久しぶりの投稿になります。

最近は開業について考える事が多くベット、HP、立地などについて考えています。

もちろんカイロプラクティックの事も考えていますd( ̄  ̄)

カイロプラクティックは症状の有無に関わらず、サブラクセーションを対象とし、それがみつかればスラストと言う素早い刺激を加える。

スラストが上手く身体に届けば、後はイネイトインテリジェンス(生命力)により、その人なりの自然な状態を最大限に表現する反応が起きる。

しかし、自然な状態を表現する為とは言え、スラストという瞬発的な刺激は身体には通常あり得ない不自然な事です。

そんな行為はなるべく少なくした方がいいです。

3ヶ所より2ヶ所、2ヶ所より1ヶ所。

最終的には0ヶ所。

その部位が存在するのか?存在するなら脊柱のどこに存在するのか一生懸命探すのがとても楽しい今日この頃です。
posted by chiropractor1224 at 04:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

自分に出来る事

カイロプラクターが患者さんに提供出来る事はサブラクセーション(神経伝達妨害)のアジャスト(スラスト)という刺激を通して個人のイネイトインテリジェンス(生命力)が外部の環境に適応するキッカケを与える事です。

出来ないことは症状の治療です。

これをみてびっくりするカイロプラクターはおそらくカイロプラクティックの本質について考えてみたことがない人でしょう。

一度考えてみる必要があると思います!



posted by chiropractor1224 at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

カイロプラクティックの誕生日

今日、9月18日はカイロプラクティクが生まれた日です。

今年で115年になりますが、未だにカイロプラクティックの知名度は低く、整体やマッサージと誤解されている事が多いです。

photo5.jpg

カイロプラクティックの発祥について少し話します。

1895年アメリカ・ダベンポートに、磁器療法家のD.Dパーマーという人物がいました。

DDが掃除夫のハーベイ・リラードの背骨に1つ隆起している部分を見つけ、調整(アジャスト)してみたところ、ハーベイ・リラードが長年悩んでいた難聴がたまたま回復しました。

そのことから、背骨の状態と身体の健康状態に関係があるのではないかと 研究を行い、カイロプラクティックが生まれました。

その後、D.Dパーマーは1897年に「パーマー・カイロプラクティック・スクール」というカイロプラクティックの養成学校を開校しました。

その中にD.Dパーマーの息子のB.Jパーマーがいました。

B.Jはカイロプラクティックの本質を追究した偉大なカイロプラクターですぴかぴか(新しい)

彼の存在なしに今のカイロプラクティクの発展はありません!!

同時期にパーマースクールにウィラード・カーヴァーという弁護士がいました。数年後にオクラホマシティにカーヴァー・デニーカイロプラクティックカレッジを開き、脊柱の矯正以外にも栄養学的療法や物理療法などを取り入れて実行に移します。

この彼の主張が、カイロプラクティックをパーマー中心の純正派(ストレート)と、カーヴァーをリーダーとする混合派(ミキサー)に二分することになりました。

現在では本場アメリカでも、ストレートは少数です。

やはり、成業していくためには症状にフォーカスし、患者さんの訴えを聞いている方が楽なのでしょう…

カイロプラクティック知ってます!!
という人が来ても症状をよくしてもらえる治療法としての認識が強く、カイロプラクティックについて理解している人はほとんどいません。

カイロプラクティック発展のために生涯を尽くした先人達の教えをここで絶やす訳にはいきません。

私はカイロプラクティックを行う者=カイロプラクターと名乗る以上、サブラクセーション(神経伝達妨害)をアジャスト(調整)し、イネイトインテリジェンス(生命力)が滞りなく流れる状態になるキッカケを与えるということにこだわっていきたいと思います。

カイロプラクティックという職業に誇りを持ち、これからもやっていきたいと思いますexclamation×2

posted by chiropractor1224 at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

カイロプラクター集合!!

今日ストレートカイロプラクターの集まりがありました。

私にカイロプラクティックの本質に気づかせてくれた谷村先生とMr.カイロプラクティック嶋田先生、カイロプラクティックを愛する関口先生、その他数人のストレートカイロプラターで食事をしました。

いつも先生達に会うと気持ちが高ぶりますグッド(上向き矢印)

今回も例外ではありません!!かなり興奮してます(笑)


私の最近の悩みである初回の患者さんのリピートの問題や、カイロプラクティックについていろいろな話が出来てとても有意義な時間でしたぴかぴか(新しい)


最近の私は患者さんにカイロプラクティックについて伝えようとするあまり、一人一人にわかりやすい言葉ではなく、どんな患者さんでも同じような言葉を使って説明を行っていました。

元読売巨人軍長嶋監督が選手を指導する際「グッとためてバッ!!」的な言い方で指導していたことを思い出しました…

わかる人にはわかるがわからない人にはチンプンカンプン。

一応その人にあった話し方で伝えているつもりですが同じようなことをやっていたと気づきましたふらふら

しかし、先生たちの表現を聞いていると私の説明のレパートリーのなさに落胆します…

載せられませんが嶋田先生の例えはわかりやすすぎましたひらめき

これも私がまだまだカイロプラクティックの理解が低いせいなのか、考えていないのか…

という訳でいい説明を思いついた時にTwitterばりにつぶやきます。(注)決してTwitter始める訳ではありません。

カイロプラクティックだけ考えるのではなく相手のことを考える。当たり前なことですが、需要と供給が一致しないストレートカイロプラクティクでは特に大切になります。このことを忘れず、来週からまた臨床に励みますぴかぴか(新しい)手(パー)

先生方お忙しい中、いつも有意義な時間をありがとうございます。




posted by chiropractor1224 at 02:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

カイロプラクティック??

実家に帰省中、地元の友達に会うと必ず、「東京で整体やってるの?」と言われます。

「整体じゃなくカイロプラクティック!!」いつも会うたびにそう言い、カイロプラクティックについて説明します。

それなのになかなか覚えてくれません…

根気よく説明する必要性を感じますたらーっ(汗)

最近、臨床をしていても同じようなことを感じます。どこまで患者さんが私の話を理解してくれているのか疑問になります。

患者さんや治療家の人からしたらカイロプラクティックのことなんかどうでもいいから症状を治せ、と思われるかもしれませんがカイロプラクターにとって説明はとても大切です。

なぜなら、多くの場合カイロプラクティックを初めて訪れる患者さんの目的とカイロプラクティックを行うカイロプラクターの目的との間にギャップがあるからです。

患者さんの目的は多くの場合、症状の改善です。

しかし、カイロプラクターの目的は症状の改善ではなくイネイトインテリジェンス(生命力)がしっかりと働く状態になるキッカケを与えることです。

そのため施術は背骨に対するアジャスト(調整)のみで、症状改善のために筋肉をほぐしたり、ストレッチしたりという行為は一切行いません。

それは、イネイトインテリジェンス(生命力)がしっかりと働きさえすれば身体健康になり結果として症状が改善したりすることを体験的に知っているからです。

先日読んだ本にこんなことが書かれていました。
「薬は症状を抑えているだけで治しているわけではない。症状を抑え、治癒力により回復するのを待っている。」

お医者さんに行ってもどこに行ってもそうなのですが、最終的に身体が治癒するかどうかは個人の治癒力、生命力にかかっています。

我々はアジャスト(調整)により、その生命力(イネイトインテリジェンス)が働きやすくなるキッカケを与えることしかできません。

このように、初めて訪れる患者さんの目的とカイロプラクティックを行うカイロプラクターの目的との間にギャップがあるのでいくらいいものでも、理解していただかないと患者さんは続かなくなっていきます…

ストレートカイロプラクティックを行うと施術もそうですがこの説明がとても大変です。


日々、試行錯誤です…




posted by chiropractor1224 at 20:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

カイロプラクティックは治療?

治療とは病気や症状を治癒または軽減させる為の医療行為と辞書に載っています。

カイロプラクティックの業界のほとんどの人は治療という言葉を日常的に使用しています。

ここで、違和感は感じないのでしょうか?

僕は治療という言葉にものすごく違和感を感じますたらーっ(汗)

なぜなら私たちが行っているのは、生命力(イネイトインテリジェンス)が働きやすくなるキッカケをアジャスト(矯正)により与えることのみで、治療を行っているのは、患者さん一人一人の身体の治癒力によるものだからです。

カイロプラクティックは自然治癒力を含む、生命力(イネイトインテリジェンス)が全身に伝わりやすい状態にすることをうたい、他の療法、そして医療などと差別化を図り広がってきました。

そのため、どこのカイロプラクティックオフィスのホームページを見ても自然治癒力というワードは必ずと言っていいほど出てきます。

自然治癒力とは自分の身体を自分で勝手に治癒する力です。傷が治ったり、疲れが取れたりするのはこの力のおかげですぴかぴか(新しい)

自然治癒力を謳い文句にしているのに行っている本人たちは自分たちが治していると思っている。

今、日本ではカイロプラクティックを理解していない人が多いためこのような現象が起きていると思われます。

カイロプラクティックの手技と同じテクニックを使う、すごい治療家の先生はたくさんいます。

しかし、日本にしっかりカイロプラクティックを行うカイロプラクターはまだまだ少ないです…




posted by chiropractor1224 at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

ミキサーからストレートへ 2

1回で書こうとするととても長くなるので2回に分けました。

アジャスト(調整)だけで患者さんの症状を治す。←こんなことが出来たらいろいろな療法は生まれません!

誰にでも万能な治療法は存在しません。

しかし、怪我をした時に傷が治らない人はいません。

これは誰でも治癒力が働いているからですぴかぴか(新しい)

そんな当たり前のことに気づいたのはストレートカイロプラクティックに出会ってからですひらめき

ストレートカイロプラクティックとの出会いはある一人の先生がキッカケですぴかぴか(新しい)


それは市川でストレートカイロプラクティックを実践している谷村聡士DCです。
(DCとはdoctor of chiropracticのことです。)

今までカイロプラクティックについて考えてきたつもりでいました。But、自分が考えていたのは治療法のことばかりでした…

私は野球をしていたので野球で例えますが、野球でバッティングの方法や守備の仕方を習っていたが肝心のルールを詳しく知らない状態だったのですバッド(下向き矢印)


カイロプラクティックについて勉強していくようになり、カイロプラクティックは治療行為ではないと知りました。

単に身体が治癒するキッカケを与えるのみで、痛みを取り除いたりすることはカイロプラクティックの本質とはかけ離れたものだったのです。

始めのうちは正直ストレートカイロプラクティクに疑問がありました。

・アジャストをたった1、2カ所おこなうだけで身体に変化はでるのか?
・満足度がほとんどないのにリピートしてくれるのか?
などです。

しかし、これはストレートカイロプラクティックを実践する中で解消されて行きました。

身体は本来自分の身体を治癒し、健康を維持する働きがあるのです。それを手助けすることは身体に良くないことなのです。
その例が自然です。自然は人間の助けを必要としません。逆に人間の手が入ると自然は痛んでいきます。それと同じことが人間にも言えるのです。

じゃ何も行う必要はないのではないか? ←こう思うと思います。

そうなんです。何もしないことに越したことはありません。しかし、人間社会ではストレスが大きすぎて自分の秩序を維持できないことがあるのです。
それはサブラクセーション(生命力の滞り)が起きた時ですひらめき

このような時に、ほんの少し身体の手助けが出来る。これはストレートカイロプラクターだけに出来る仕事だと思います。

何度も通わなくていいので経済的負担も軽減し、依存することもないので健康に対する意識は変わり、さらに健康な状態を維持する助けになります。
身体の力(生命力)が高まるので症状の改善のみでなく、他の症状が改善したり、身体がすっきりしたり様々な変化も現れてきます。

今カイロプラクティックで悩んでいる人には、カイロプラクティックについてもっと勉強することを進めます。それはテクニックではなく哲学についてです。

そして、カイロプラクティックとはどんな物か知り、疑いながらもどんどん実践して試していってもらいたいです。

私もそうだった様に実践する中で身体の不思議に触れることが出来ると思いますぴかぴか(新しい)


posted by chiropractor1224 at 00:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

カイロの未来

カイロプラクティックは他の療法に比べ認知度は未だに低いです。

その理由はカイロプラクターがカイロプラクティックとは何なのか?何を行うのかを明確に伝えていないからだと思います。

カイロプラクティックは脳と組織(細胞)の情報のやりとりを妨害する脊骨のサブラクセーションをアジャストし、イネイトインテリジェンス(生命力)による身体の統合が行われるキッカケを作ることを目的に行っています。

学生の時、こんなエピソードがありました。

それはクラスを3つのグループに分けてそのグループの一人がみんなの前で施術を行い、その他の人が評価するという授業でした。

この時、カイロプラクティックについてと何を行うのか話しながら施術をしていました。

そして施術が終了し、担当の先生から「カイロの説明なんていらないよ!」と言われました。

確かに患者さんにとっては、症状さえ取れればカイロプラクティクなんてどうでもいいものなのかもしれません。

しかし私はせっかくいろいろな療法がある中でカイロプラクティックを選びやってきたのだからカイロプラクティックがどういうものなのか何を目的に行っているのか伝えるべきだと私は思います。

「先生はカイロの説明は行ってないですか?」と聞くと先生は「症状の話をすればそれがカイロの話になるでしょ…」と言われました。

人それぞれの考え方があって当然だと思います。この先生の考え方を否定するわけではありませんがそれだけではカイロプラクティックは対症療法で終わってしまうと思います。


初めてカイロプラクティックを受けた方にカイロの説明を行っていないと、その人はたぶん「カイロってなんかよくわかんないけど背骨をポキポキされて症状が軽くなった」っと思うでしょう。

この患者さんの周りに自分と同じような症状の人がいてカイロプラクティックを紹介しようと思ったとします。

たぶんその人はカイロを薦めるときに背骨をポキポキって矯正したら症状が改善したと伝えるでしょう。

…………


この様な状態が続けば、一生カイロプラクティックは世間に理解されないでしょう。

カイロプラクティックとは何なのか、まずは カイロプラクティックが正しく理解されるよう勉強し、伝えていけたらなと思いますわーい(嬉しい顔)

posted by chiropractor1224 at 02:24| 東京 🌁| Comment(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

ボキボキ…

「ボキボキしますか?」
この質問をよく受けます

今日はカイロプラクティックを知ってもらうために背骨の矯正の際に鳴ることがある音について解説したいと思います。

関節.jpg

関節は2つの骨とその間の関節軟骨、そしてそれを覆う関節包、関節滑膜というものがありその中に関節腔という酸素、二酸化炭素、窒素などのガスがたまっているところがあります。ボキッとなる音はこの関節包にたまっているガスが外にはじける音です。

わかりやすいのは指です手(グー)

指を曲げるとポキっと音がなることがあると思います。

@この時、指の滑液包が伸ばされます。

A滑液包が伸ばされると包内の体積が大きくなります。

B体積が大きくなると圧力が下がります。

C圧力が下がると滑液内に溶けている各種ガスの飽和量が下がり(溶けることのできる最大の量が減る)滑液の外に出てきます。


ちょうど炭酸飲料のキャップを開けた時のようなプシューダッシュ(走り出すさま)っていう感じです。

それと同じことが矯正の時に起こっています。

指を鳴らした時もそうですがこの行為で痛みを感じることほとんどありませんぴかぴか(新しい)

背骨は指と違い大きい骨ですし、首は耳に近いために大きく音が聞こえることがありますが心配はいりません。

ボキボキしない!と言えばウソになりますがこの矯正の行為自体、やりすぎると身体によくないので何カ所もボキボキ鳴らすことは行いません。

そして、カイロプラクティックの矯正(アジャスト)の目的は関節を鳴らすことではなく元の正しい相互関係に戻るようサブラクセーションにアプローチすることなので必ずしも音が鳴るわけではありません。

posted by chiropractor1224 at 20:22| 東京 ☀| Comment(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

日記

昨日の記事でイギリスではサブラクセーションの概念がなくなったと言ったが、サブラクセーションは曖昧なものでその存在を裏づけるものが発見されなかったためにその用語が使用できなくなりました。

これからは関節の機能障害などと書かれるのでしょうか…

自分に今出来ることは、カイロプラクティックというものを正しく理解してもらうために、説明、実践していくことであす。そうして、少しでも多くの人にカイロプラクティックとは何か理解していただけたらなと思います。

明日からまたがんばりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


posted by chiropractor1224 at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

ホメオスタシス(恒常性)

昨日のネタの続きで今日も身体の反応について話したいと思います。

身体は常にその人の身体を一定に保つ働きがあります。これを生理学の用語でホメオスタシス(恒常性)と言います。体温を一定に保つのも血圧を保つのもすべてがこの力です。カイロプラクティッではこの力をイネイトインテリジェンス(生命力)といいます。
(注)次からイネイトインテリジェンスのことをイネイトと言います。

イネイトがしっかり維持されている限りたいていの症状、不調は身体が勝手に治してくれます。

肩こり、腰痛、頭痛が寝て起きたらよくなっている、傷を放っておいても治っているのはこのためですぴかぴか(新しい)

しかし、何らかの原因でイネイトがしっかり発揮されなくなってくると、身体を一定に保つことが難しくなり、身体から不調を知らせるサイン(症状、病気)などが現れることがあります。

突然ですが、熱が出た時みなさんはどうしますか?
ほとんどの人が薬を飲み、熱を下げようとするのではないでしょうか?

なぜ熱が出るのか考えてみたことはありますか?

90%以上の人が考えたことはないと思います。医療が発達したおかげで助かる命も増えました。しかし、症状が出たらすぐに薬で抑える、熱が出たら薬で抑える。この行為があたりまえになりすぎたために医療に頼りすぎ、身体の根本の不調に目を向けない人が増えています。

熱の話に戻します。
熱は身体にウイルス、細菌が入り込み、身体がそれらを有害なものと判断します。そしてそれらを代謝、排出しようとするために免疫機能が働きます。免疫力は体温が高くなると働きやすくなります。そのため熱が発生します。熱は外からの有害物質に対抗するために出るもので悪いものではありません。

カイロプラクティックでは症状の有無にかかわらず、背骨のサブラクセーション(イネイトを妨害するもの)を手によるアジャスト(調整)により解消し、イネイトが全身に働きやすい状態を作ることを目的に行います。

OIBU.jpg→→ADIO.jpg

外からの助けではなく、内からの力に任せてみてはいかがでしょうムード


posted by chiropractor1224 at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

健康とは?

皆さんはどういう状態が健康な状態だと思いますか?

病気の定義ははっきりとしていますが、逆に健康な状態ははっきりとした定義はありません。

健康な状態は病気がない状態、五体満足な状態、疲れがない状態など定義は人それぞれだと思います。

では病気がなければ身体が疲労しきっていても健康なのでしょうか?五体不満足な人は健康にはなれないのでしょうか?

カイロプラクティックで言う健康はサブラクセーションがなくイネイトインテリジェンス(生命力)が滞りなく働いている状態をいいます。

カイロプラクティックの例えで人間の健康をバケツで表現したものがあります。

バケツ.jpg

適度な運動、適度な睡眠、適切な食べ物、サブラクセーションの解放などの健康にプラスになるものすべてをバケツの中に加えていきます。

しかし、そのバケツには穴が開いています。

穴はバケツの中に入ったものを外へ漏らしてしまいます。このバケツの穴は健康を阻害する肉体的または精神的ストレスです。
ストレスが多く穴が大きくなれば中身は少なくなり健康に影響を与えてしまいます。そのため常に補充しなくてはいけません。

補充する量が出ていく量より少なければバケツの中身は減っていきます。病気とはバケツの中身が減少して危険な状態になることを表します。そして、中身がなくなると死亡を意味します。

あなたは身体の事を考え何かケアをされていますか?もし何もしていないのであれば穴は広がり急速に中身は外へ漏れだしています。

そして、危険信号の病気などの症状が現れた際、薬でその症状を消して一時的に健康になったようなつもりでいませんか?この行為は症状という危険信号を無視してバケツの穴にテープを張って中身が出て行くのを一時的に防いでいるだけです。つまり対症療法です。やがてテープははがれ、すごい勢いで中身が流れ出します。

中身が少なくなる前に健康に+なことを行いしっかり補充しましょう。もし減ってしまった際は身体からの危険信号を読み取り対症療法的に症状を取り除くのではなく根本から改善を考えてみてはいかがですか?



posted by chiropractor1224 at 17:19| 東京 ☁| Comment(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

Spizz Night japan

昨日は仕事後、Spizz Night japanというカイロプラクターの集まりに参加しました。

この会はカイロ大学を卒業したDCと日本のカイロ大学に学生が集まってカイロプラクティックについて思いを語りあいましたわーい(嬉しい顔)

仕事後、二次回からの参加のため全員と話すことはできませんでしたがそれぞれのカイロプラクティックに対する思いや考えが聞けていい機会となりましたひらめき

その中で、昨日一番印象に残った言葉はアメリカのパーマー大学卒の先生との話で「カイロプラクティックはイネイトインテリジェンス(生命力)の滞り、サブラクセーションをアジャスト(調整)するしことしかできない!!」
という一言です。

まさにその通り!と拍手したいくらい共感できましたぴかぴか(新しい)

我々が行っている行為は、痛みを取るような治療行為ではありません。

(ex)患者さんが肩の痛みでこられたとします

ミキサーカイロプラクターやお医者さん、整体でやることはまずは肩を触り、痛みの原因となっているであろう組織を探します。そして、肩に対して何か痛みを取る対症療法を施します。

これに対し、ストレートカイロプラクターは肩を触るのではなく背骨を触ります。
肩の痛みを対症療法で取り除くのではなく、痛みは身体からの何かのサインであるとみますイベントイネイトインテリジェンス(生命力)が身体を正常に保とうとしている段階なのか、それともイネイトインテリジェンスの滞りの結果で、ストレスに身体が対応できない状態にあるのかを判断し、後者なら滞り(サブラクセーション)をアジャスト(調整)します。

サブラクセーションさえ取り除けば身体はイネイトインテリジェンスをしっかり働かせることができるようになります。指を切っても足をくじいて痛めても、放っておけば身体は勝手に戻る力が備わっています。これがイネイトインテリジェンスです。

指を切ったから指を治そうと意識しなくても治っています。身体は治療が必要な部位を勝手に判断し、勝手に治療してくれます。人間の考えが及ばない自然の摂理です。

我々カイロプラクターができることはこの自然の摂理にのっとり、サブラクセーションをアジャストし後はイネイトインテリジェンスにすべてをゆだねることです。

昨日は久しぶりの再会や初めての人との出会いでとても有意義な時間となりました。またこのような機会があれば積極的に参加したいと感じましたるんるん


posted by chiropractor1224 at 15:55| 東京 🌁| Comment(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

カイロは何に有効か?

カイロプラクティックは先天的知能(イネイトインテリジェンス)によって作られる生命力の伝達を妨害するサブラクセーションをアジャストし、後はその人の身体の生命力に任せるという自然療法です。

そのため何か特有の症状(肩こり、腰痛)に有効なわけではありません。

施術によりサブラクセーションにうまく働きかけられ脳と組織(細胞)の連携がうまくいけば身体の生命力は高まりますグッド(上向き矢印)

生命力が高まるとは自然治癒力が高まったり身体の働きが活発になったりすることです。

身体はばらばらなパーツとして働いてるのではなく常に脳からの情報により全体が統合され、全体で1つのユニットとして働いているので効果は全身に及びます。

何か特定の症状に必ず有効とは言えませんが、生きている中で治癒力が働いていればほとんどの場合、個々の時間差はありますが症状の改善という結果が出ることが多いです。

何に有効かといえば身体の統合を失った状態を改善するのに有効でするんるん

どのような状態が身体の統合を失った状態なのか次回紹介していきます。


posted by chiropractor1224 at 15:07| 東京 ☀| Comment(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。