2010年08月26日

根本療法!?

根本療法とは、対症療法の様に症状をターゲットにするのではなく、身体の健康状態を妨げている根本原因に対し、その状態を緩和する療法です。

つまり、根本療法には症状は関係ありません。

学生時代カイロプラクティックは根本療法と教わりました。

しかし、私はこの根本療法という言葉がいつも意味が分かりませんでした。


その理由に根本療法といいながら腰痛なら腰から股関節までしっかり、検査しろと言われるからです。肩こりや寝違えなどの場合は、頚椎(首)から胸椎(背中)まで左右だけでなく胸の方、前後もしっかり調べろと言われます。

なぜ根本療法なのに身体全てをチェックしないのか?

そんなことを思っていました。

これでは症状一つに対し、一つの根本原因になります。

症状ごとにということはこれは対症療法ではないのか…いろいろ考えました。


例えばインフルエンザになった時、検査をしてそのウイルスに対する抗生物質を出されます。そのウイルスと違うウイルスなら違う薬と、ウイルスに対し、それぞれの対処。

まさに学生時代に繰り返しやっていたことと同じです。

しかし、インフルエンザを治すのはこの薬なのでしょうか?

答えはNOです。

薬は熱や痛みを止めたり、ウイルスを撃退することしか出来ません。

身体を治癒するのは身体の生命力次第です。

薬を処方したお医者さんも治癒力にまかせ回復を待っています。

つまり、生命力を高めてやることこそ根本療法!!!

そう思いましたひらめき

腰痛や肩こり、寝違えの場合も通常ならさけられたか、症状が出ても比較的早く消失していく物です。

しかし、生命力(イネイトインテリジェンス)がしっかりと働いていないために、身体のストレスが上回り症状として現れているだけかもしれません。

カイロプラクティックは症状に対し、何か行うのではなく、身体の根本原因にアプローチし、生命力(イネイトインテリジェンス)が身体に滞りなく行き渡るようキッカケ与えることしか出来ません。

あとは身体の回復を待つだけですぴかぴか(新しい)

根本療法は症状に対し、何か行う訳ではなく、身体の健康状態をたかめる療法です。


posted by chiropractor1224 at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 対症療法と根本療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

対症療法と根本療法

対症療法とは症状のある部位に直接働きかけ症状の改善を目的に行う療法です。

これに対し根本療法は症状の改善でなく身体の機能を高めることを目的に行う療法です。

症状は皆さん一概に悪いものと思われていますが、身体がストレスを抱え処理できなくなった結果、起こってくる身体のサインです演劇

対症療法でその場で症状が改善してもそれは身体の異常を知らせるサインを消しているだけなので、言い換えれば症状の根本にある身体の異変から目をそらしていることになります。

根本の異変とは何かと言うとカイロプラクティックではイネイトインテリジェンス(生命力)がサブラクセーションにより全身にうまく働いてない状態を言います。

症状を改善するためにやめてほしいこと、ストレッチや姿勢の指導、身体の動かし方の指導を受けたことがあると思います。これはこれで痛みをとるためには悪いことではないですが、ではみなさん寝ている時でもこのようなアドバイスは実践できますか?

それは無理だと思いますexclamation×2

つまり症状の改善のために頑張っても一日のうちせいぜい1〜2時間だということです。

しかしイネイトインテリジェンス(生命力)は寝ている間も絶えず働き続けます。そして、我々の身体をベストな状態に導こうと24時間体制で休みなく身体の治療をしています。

その証拠に寝て起きると身体がスッキリしたり、疲れが取れたりしていますよね。それはこの力が働いているからです。

目先の症状の改善に必至になるのか、根本の生命力の滞りを解消するのか、決断するのはあなた次第です!!!
関.jpg



posted by chiropractor1224 at 13:04| 東京 ☀| Comment(0) | 対症療法と根本療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

ADIOとOIBU

ADIOとはabove-down-inside-out(上から下へ、中から外へ)という意味です

OIBUはoutside-in-below-up(外から中へ、下から上へ)という意味です

お医者さんや治療家(ミキサーカイロプラクターを含む)の方たちのように症状を取り除く考え方を持つ人たちは、治癒力という言葉を知っていてもあまり信じていません。

その証拠に身体に足りないものは補わないといけない、症状の改善のためにはこんな運動をしないといけないと身体の外から薬、サプリメントのようなものを取らせるように指導します。

OIBU.jpg

このような行為はOIBUです。

これに対しストレートカイロプラクターの考え方はADIOです

ADIO.jpg

生命の身体には自然治癒力という自分で自分の身体を癒す力が備わっているのでわざわざ薬などで外から取り込まなくでもいい、身体の中の生命力を上げてやろうという考え方です。

どちらがよいのか受け止め方は人それぞれですが外から補う行為は継続的にお金もかかりますし、体の負担もあります。
薬も身体に害はないと言いながら妊婦さんには胎児への影響を考え薬を制限します…

糖尿病などでインスリンを補う行為などは生命を維持するために必要不可欠かもしれませんが、できればなるべく自然な内からの力に任せる方がおススメです。

posted by chiropractor1224 at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | 対症療法と根本療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。