2010年09月26日

どうなるサブラクセーション!?

最近、海外ではサブラクセーションという言葉がなくなりつつあります。

サブラクセーションとはイネイトインテリジェンス(健康になろうとする力)を滞らせる背骨に起こる神経伝達障害を言います。

この言葉がなくなるとうことはカイロプラクターにとっては大問題です。

イギリスではすでにサブラクセーションという概念が消え、アメリカのCCE(カイロプラクティック教育員会)では教育内容の変更でサブラクセーションという言葉はいっさい出てきていないらしいです。

今回、サブラクセーションという言葉がイギリスで消えたことは、サブラクセーションの存在が確認できず、推測の範囲を超えないという理由があったらしいです。

しかし、カイロプラクティックはもともとユニバーサル・インテリジェンス(大宇宙の法則)という、証明不可能なものの上に成り立っているので、サブラクセーションの存在の確認が取れないからといって今さら概念がなくなっても…という感じですが。

こんな話を出すと宗教っぽくなってしまうのでこの辺にしますが、カイロプラクティックはサブラクセーション(神経伝達障害)に対し素手によるアジャスト(調整)を行いイネイトインテリジェンス(健康になる力)を働きやすくするキッカケをあたえる療法です。

「問題なのはサブラクセーションという言葉じゃなく患者さんの症状を治すことだ」と思う人もミキサーカイロプラクターの中にはいると思います。


しかし、カイロプラクティックはもともと症状や、痛み、関節の機能障害、身体のゆがみなどを対象にしているわけではなく、サブラクセーションを対象にしています。

この概念がないと「ここの背骨固いんで矯正しましょう…」という感じになるんじゃないでしょうか??

整体と何がちがうのでしょうね…


まあ、私たちカイロプラクターが今まで通り行えば問題ありませんが…

これからのカイロプラクティックの未来が危ぶまれます。


posted by chiropractor1224 at 20:48| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サブラクセーションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

サブラクセーションが消えた…

カイロプラクティックはイネイトインテリジェンス(生命力)を妨害する背骨に起こるサブラクセーションを手によるアジャストメント(調整)で解消することを目的にする療法です。

サブラクセーションを解消するのはアジャストではなくイネイトインテリジェンスですが…

カイロプラクティックは症状でなくサブラクセーションを対症に行います。

イギリスのGCC(General Chiropractic Council)からでたレポートです。

それによるとイギリスではサブラクセーションの概念がなくなったらしいですあせあせ(飛び散る汗)もうやだ〜(悲しい顔)

これからカイロプラクターはどうなるのでしょうか????
posted by chiropractor1224 at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | サブラクセーションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

サブラクセーションの原因

脳と組織(細胞)の情報伝達を妨害するものをサブラクセーションと言いますがサブラクセーションはなぜ起こるのか説明します。

サブラクセーションの発生原因は直接背骨の構造に影響を及ぼす要因である転倒、骨折、打撲、出産などの他に栄養の問題、大気汚染などの化学物質の問題、細菌、遺伝子などの問題、外傷、火傷、過労、心労、睡眠不足、自然環境の変化などの肉体的ストレスと、社会環境、人間関係などによる精神的ストレスストレスをためなければいいのではないかと思います。

しかし今日、社会環境の変化や文明の発達により、いろいろなことが便利になった半面、ストレスをなくすことが難しい社会になっていると思います。

ストレスを減らすことが難しければ生命力を上げ、ストレスに対抗する力を上げてやるしかありません。

カイロプラクティックで行うことはサブラクセーションを除去し、生命力が働きやすくするキッカケを与えることです。ストレスに対応する力をあげていきましょうパンチ



posted by chiropractor1224 at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | サブラクセーションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

サブラクセーションとは?

カイロプラクティックとは先天的知能によって作られる生命力の
伝達を妨害するサブラクセーションをアジャストし、
その人自身の治癒力を上げる療法と紹介しましたが
今日はサブラクセーションとは何か
具体的に説明します。

サブラクセーションとは背骨の一つ一つの骨(椎骨)が
上下の関係において正常よりも変異し、脳からの情報伝達を
妨害している状態
を言います。

生命が命を維持していられるのは脳の働きがあるからです。

脳の情報は遠心性の神経に乗り全身に伝達されます。
そして、全身の状態は求心性神経に乗り脳に伝わります。

脳から脊柱へ.jpg

こんな感じですぴかぴか(新しい)

腕一つ動かすにしても遠心性の神経、求心性の神経の情報をもとに
脳がそれぞれの組織(筋肉、骨、靭帯、細胞など)を統合する
やり取りが超高速で行われています。

すべての神経は背骨の中を通って全身に分布しています。
だから背骨は重要になりますひらめき

安全ピンサイクル.jpgここで注目してもらいたいのは右の絵です。

サブラクセーションが起こりそこで情報伝達の妨害が起こるので
身体をうまく統合できない状態が起きています。

ここではサブラクセーションにより組織に正しい情報が
70%しか伝わらなかったとします。通常100%伝わるものが
70%しか伝わらないと身体は働きが低下し統合を
保てなくなります。

そうすると身体は外的ストレスに対応する力が低下します。
多大なストレスがかかり、ストレスを処理できない人は肩こり、
腰痛などの症状として身体で認識できる形で現れます。

サブラクセーションの存在は身体にとってよくないことです。

サブラクセーションは脳からの情報伝達を妨害する背骨の異常を言います。

posted by chiropractor1224 at 14:52| 東京 ☁| Comment(0) | サブラクセーションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。