2010年06月26日

Dis-ease

身体の統合を失った状態をカイロプラクティックではDis-easeと言います。

Dis-easeはサブラクセーションの結果、脳と組織(細胞)との間の情報伝達が妨害されて起こります。

つまり、身体の統合を失った状態とは脳と組織(細胞)との間の情報伝達が妨害された状態です。

では、具体的にどのようなことが起きるか紹介します。
これは個人個人によってばらばらです。無症状な人もいれば激しく症状が出る人もいます。肩こり、腰痛、頭痛などのように現れてくる人もいます。

症状は身体の弱いところに身体の異常を知らせるサインとして現れてきます。

症状は必ずしも悪いものではないです。
身体がDis-easeを知らせるサインなのです。




posted by chiropractor1224 at 15:09| 東京 ☀| Comment(0) | Dis-ease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。