2010年08月29日

カイロプラクター集合!!

今日ストレートカイロプラクターの集まりがありました。

私にカイロプラクティックの本質に気づかせてくれた谷村先生とMr.カイロプラクティック嶋田先生、カイロプラクティックを愛する関口先生、その他数人のストレートカイロプラターで食事をしました。

いつも先生達に会うと気持ちが高ぶりますグッド(上向き矢印)

今回も例外ではありません!!かなり興奮してます(笑)


私の最近の悩みである初回の患者さんのリピートの問題や、カイロプラクティックについていろいろな話が出来てとても有意義な時間でしたぴかぴか(新しい)


最近の私は患者さんにカイロプラクティックについて伝えようとするあまり、一人一人にわかりやすい言葉ではなく、どんな患者さんでも同じような言葉を使って説明を行っていました。

元読売巨人軍長嶋監督が選手を指導する際「グッとためてバッ!!」的な言い方で指導していたことを思い出しました…

わかる人にはわかるがわからない人にはチンプンカンプン。

一応その人にあった話し方で伝えているつもりですが同じようなことをやっていたと気づきましたふらふら

しかし、先生たちの表現を聞いていると私の説明のレパートリーのなさに落胆します…

載せられませんが嶋田先生の例えはわかりやすすぎましたひらめき

これも私がまだまだカイロプラクティックの理解が低いせいなのか、考えていないのか…

という訳でいい説明を思いついた時にTwitterばりにつぶやきます。(注)決してTwitter始める訳ではありません。

カイロプラクティックだけ考えるのではなく相手のことを考える。当たり前なことですが、需要と供給が一致しないストレートカイロプラクティクでは特に大切になります。このことを忘れず、来週からまた臨床に励みますぴかぴか(新しい)手(パー)

先生方お忙しい中、いつも有意義な時間をありがとうございます。




posted by chiropractor1224 at 02:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

根本療法!?

根本療法とは、対症療法の様に症状をターゲットにするのではなく、身体の健康状態を妨げている根本原因に対し、その状態を緩和する療法です。

つまり、根本療法には症状は関係ありません。

学生時代カイロプラクティックは根本療法と教わりました。

しかし、私はこの根本療法という言葉がいつも意味が分かりませんでした。


その理由に根本療法といいながら腰痛なら腰から股関節までしっかり、検査しろと言われるからです。肩こりや寝違えなどの場合は、頚椎(首)から胸椎(背中)まで左右だけでなく胸の方、前後もしっかり調べろと言われます。

なぜ根本療法なのに身体全てをチェックしないのか?

そんなことを思っていました。

これでは症状一つに対し、一つの根本原因になります。

症状ごとにということはこれは対症療法ではないのか…いろいろ考えました。


例えばインフルエンザになった時、検査をしてそのウイルスに対する抗生物質を出されます。そのウイルスと違うウイルスなら違う薬と、ウイルスに対し、それぞれの対処。

まさに学生時代に繰り返しやっていたことと同じです。

しかし、インフルエンザを治すのはこの薬なのでしょうか?

答えはNOです。

薬は熱や痛みを止めたり、ウイルスを撃退することしか出来ません。

身体を治癒するのは身体の生命力次第です。

薬を処方したお医者さんも治癒力にまかせ回復を待っています。

つまり、生命力を高めてやることこそ根本療法!!!

そう思いましたひらめき

腰痛や肩こり、寝違えの場合も通常ならさけられたか、症状が出ても比較的早く消失していく物です。

しかし、生命力(イネイトインテリジェンス)がしっかりと働いていないために、身体のストレスが上回り症状として現れているだけかもしれません。

カイロプラクティックは症状に対し、何か行うのではなく、身体の根本原因にアプローチし、生命力(イネイトインテリジェンス)が身体に滞りなく行き渡るようキッカケ与えることしか出来ません。

あとは身体の回復を待つだけですぴかぴか(新しい)

根本療法は症状に対し、何か行う訳ではなく、身体の健康状態をたかめる療法です。


posted by chiropractor1224 at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 対症療法と根本療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

施術受けました。

最近忙しくなかなか更新できなくてすいません。

私も定期的に施術を受けていますが、先日施術を受けた際、身体の変化をきつく感じたので紹介したいと思います。

施術は頚椎(首)の1番上と仙骨の2箇所受けました。

その後休みました。

その時は変化は感じなかったのですが、夜になると身体が重く、重力がいつもの3倍位かかってるような感覚に襲われました。

特に痛みがある訳ではありませんがとにかく身体が重たいのです。

次の日の朝もまだだるく、お昼過ぎくらいにようやく身体の重さはとれました。

最近夏バテ気味だったのでそのせいかな〜なんて思いました。

今は快調ですぴかぴか(新しい)

posted by chiropractor1224 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

カイロプラクティック??

実家に帰省中、地元の友達に会うと必ず、「東京で整体やってるの?」と言われます。

「整体じゃなくカイロプラクティック!!」いつも会うたびにそう言い、カイロプラクティックについて説明します。

それなのになかなか覚えてくれません…

根気よく説明する必要性を感じますたらーっ(汗)

最近、臨床をしていても同じようなことを感じます。どこまで患者さんが私の話を理解してくれているのか疑問になります。

患者さんや治療家の人からしたらカイロプラクティックのことなんかどうでもいいから症状を治せ、と思われるかもしれませんがカイロプラクターにとって説明はとても大切です。

なぜなら、多くの場合カイロプラクティックを初めて訪れる患者さんの目的とカイロプラクティックを行うカイロプラクターの目的との間にギャップがあるからです。

患者さんの目的は多くの場合、症状の改善です。

しかし、カイロプラクターの目的は症状の改善ではなくイネイトインテリジェンス(生命力)がしっかりと働く状態になるキッカケを与えることです。

そのため施術は背骨に対するアジャスト(調整)のみで、症状改善のために筋肉をほぐしたり、ストレッチしたりという行為は一切行いません。

それは、イネイトインテリジェンス(生命力)がしっかりと働きさえすれば身体健康になり結果として症状が改善したりすることを体験的に知っているからです。

先日読んだ本にこんなことが書かれていました。
「薬は症状を抑えているだけで治しているわけではない。症状を抑え、治癒力により回復するのを待っている。」

お医者さんに行ってもどこに行ってもそうなのですが、最終的に身体が治癒するかどうかは個人の治癒力、生命力にかかっています。

我々はアジャスト(調整)により、その生命力(イネイトインテリジェンス)が働きやすくなるキッカケを与えることしかできません。

このように、初めて訪れる患者さんの目的とカイロプラクティックを行うカイロプラクターの目的との間にギャップがあるのでいくらいいものでも、理解していただかないと患者さんは続かなくなっていきます…

ストレートカイロプラクティックを行うと施術もそうですがこの説明がとても大変です。


日々、試行錯誤です…




posted by chiropractor1224 at 20:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロプラクティックについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

自然。

昨日まで実家に帰ってきました飛行機

私の実家は鳥取になるのですが、鳥取にはとても自然が多く、いつも精神的にも肉体的にも癒されます。

これはきっと人間(生命)が自然の一部だからですぴかぴか(新しい)

都会に住んでるとなかなか自然を感じることはありませんが、空気や水、太陽の光、熱、食べ物、重力など我々生命が生きていくため必要な物はほとんど自然の中から得られる物です。

文明の発展で似たような物は作れるようにはなりましたが、完全に自然のない人工の世界で生きることはまだ出来ません。

つまり我々生命は自然の中に生かされている一部といえますひらめき

このようなことから直接自然に触れることが出来る超田舎の鳥取に帰ると癒されるのだと思います。

今回は川に行ったり、星空をみたり、真っ暗な中で虫の鳴き声を聞いたりとても癒されましたるんるん

元気を充電し、また明日からがんばりますグッド(上向き矢印)




posted by chiropractor1224 at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。