2010年08月11日

テクニックについて

カイロプラクティックを正しく伝えることも大切ですが、テクニックも重要です。


生命力(カイロプラクティックではイネイトインテリジェンスといいます)
がしっかりと働いていればほとんどの場合、身体の症状は治癒していきます。

しかし、たまに治癒していかないことがあります。

それは生命力(イネイトインテリジェンス)がどこかで滞ってしまい、うまく身体中に伝達されていない状態の時です。

その滞りをカイロプラクティックではサブラクセーションと言います。

カイロプラクティックの目的はサブラクセーションを取り除き、イネイトインテリジェンス(生命力)による身体の統合が行われる状態を作るキッカケを与えることです。

キッカケを与えるとは具体的には背骨の調整(アジャスト)を行うことですひらめき

背骨は脳からの神経の通り道です。そこで生命力(イネイトインテリジェンス)の滞りはおきます。

こういうことを話、施術に入るのですが、我々カイロプラクターができることはアジャストしかありません。

それだけで患者さんには満足していただく必要があるのです。そのため、テクニックのレベル向上は欠かせません。

カイロプラクティックを理解してもらうことも大切ですがそれと同じようにしっかりとアジャストを行うことも大切ですぴかぴか(新しい)

前回のブログにも書きましたが、日々本当に戦いです。

頑張ります…グッド(上向き矢印)






posted by chiropractor1224 at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

日記

久しぶりの投稿になります。先週はなかなか大変な1週間でしたあせあせ(飛び散る汗)

カイロプラクティックを始めてうけるという人や過去にカイロプラクティックを受けたことはあるが内容はとてもカイロプラクティックと言えないような施術を受けている人が多かったからです。

カイロプラクティックを受けたことがあると答えた人に、「どんなことをされましたか?」と聞くとマッサージみたいだったとか、ハンマーで叩かれるようなことされたとか、パチパチされたとか、いろいろなことを言われます。

中にはカイロプラクティックって指圧とかじゃないのと言われることもありました。

そんな人にカイロプラクティクをしっかり伝えることはなかなか大変なことです。

そして、同時に強く使命感を感じます


カイロプラクティックの認知度が低いのは我々カイロプラクターがしっかりとカイロプラクティックを実践していないからにほかなりません。

カイロプラクティックを行おうと思ったらオフィスを維持するための最低限の収入は必要です。

そのため経営では患者さんの満足度をあげることは欠かせません。

しかし、カイロプラクターは筋肉をほぐす指圧やマッサージまがいな行為を行ったり、超音波などの電気器具を使った理学療法士のような行為をしたりするのではなく、あくまで背骨のサブラクセーション(イネイトインテリジェンスを妨害するもの)を手によるアジャスト(調整)により取り除くキッカケを与えることのみに集中してもらいたいと感じました。

カイロプラクターはアジャストによる身体の変化で満足度をあたえるものです。

サブラクセーションのアジャストのみに集中できないのならカイロプラクティックの看板を下ろしてくれ…


そんなこともあり先週はカイロプラクティックについてイネイトインテリジェンス(生命力)について、考えさせられることが多かったです。

カイロプラクティックを理解してもらうだけで無く、施術もしっかりしていく必要があります。

あの先生は口だけだ…

そうならないように日々戦いだと感じましたひらめき

一人でも多くの人に正しくカイロプラクティックを理解してもらうよう一日一日実践していこうと思う1週間でしたexclamation×2


posted by chiropractor1224 at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

症状について

あなたが何冊か重たい本を持ち、運んでいる時、バランスを崩し足の上に落としてしまったとします。あなたはすぐに本をどかしますが痛みはすぐきえますか?



痛みはすぐには消えないと思います。

カイロプラクティックは症状に対し、何か行うのではなく、イネイトインテリジェンス(生命力)が働いているのになぜ身体に不調が起こるのかということの原因を背骨に探し、その原因(サブラクセーション)を取り除くキッカケを与えることを目的としています。

じゃサブラクセーションがなく、イネイトインテリジェンスが滞りなく働いていれば症状がないのか?
と言われれば答えはNOです。


下痢や、風邪のように身体を正常に維持するために起こる症状もあるからです。

カイロプラクティックの施術は症状を取り除くことを目的に行っているわけではありませんが、しかし、イネイトインテリジェンス(生命力)がしっかりと働き始めれば多くの場合、症状は改善していきます。

施術を何度かしていく段階で、身体にはしっかりと変化が出ているのに患者さんの一番気になる症状が改善しないこともあります。

イネイトインテリジェンス(生命力)が働きやすい状態になっていたとしても、本を足に落とした時と同じように症状が治癒していくまでに時間はかかるものです。

誰かに言われる物ではなく身体は勝手に必要な時に必要な所の治癒を行って一定の状態を保ちます。

切り傷をしたら目で見えるので、傷口を見れば経験的にどれくらいで傷が治るのかわかりますが、身体の症状は目で見えませんし、数値化することも難しいのでどれくらいで回復するのかわかりませんがイネイトインテリジェンス(生命力)により身体は確実に治癒する方向へ進んでいきます。

生きている以上、怪我して傷口が塞がんないことなんてよっぽどのことがない限りありません。

年だから…忙しいから…とあきらめてはいませんか?


posted by chiropractor1224 at 02:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

自然が一番…

みなさんクーラー病という言葉を聞いたことはありますか?

私は今日このニュースを見つけてこの言葉を初めて聞きました。

どうして症状や原因が少し違うと、すぐ新しい病名を付けたがるんですね…

夏バテで感じる「なんとなくだるい」「食欲がない」「やる気がない」といった症状はクーラー病でも感じる症状です。
一見すると、夏バテとそっくりですが、クーラー病と夏バテでは原因が違うらしいです。

夏バテは体温調節をするためにかいた汗がうまく蒸発せず表面に残ってしまい、のぼせたような状態になることらしいです。一方、クーラー病は上手に汗をかけなくなってしまい、体温の調節がうまくいかない状態になることです。

現代人は、生活を快適にすることで身体の正常な働きを犠牲にしています

自然の中で生活していれば絶対に起こらない現象です。

クーラー病は1年を通して冷暖房によって快適になった分、体温を調節する機能が鈍くなってしまったといえるのです。

つ、つまり!?文明の発達により、環境に適応する能力が低下してきている人が増えているんです。

やはり、身体を維持しようと思えば自然が一番なんだなと思う記事でしたリゾート





posted by chiropractor1224 at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カイロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

症状について

シーソー1.jpg

みなさんシーソーに乗ったことはありますか?

シーソーは中心の支点からの距離が同じところに乗れば重たい方に傾いて沈んでいきます。

これを使って症状の説明をしたいと思います。

シーソー2.jpg

支点があり、左がストレス。これは肉体的な疲れや・精神的な疲れなどのストレスです。右は生命力(イネイトインテリジェンス)です。つりあいが取れている状態か生命力が重くストレスが真ん中より上にある状態が自覚症状のない状態です。

この図はつり合いがとれているので症状がない状態です。

ストレスが真ん中の線より下に行くと症状が出現します。それまでは生命力の方が力が強かった為にストレスを自分で処理できていました。

シーソー ストレス大.jpg

症状とはストレスが生命力を上回ってしまう為に起こる身体のサインです。


症状が出てこないようにするにはこの場合、3種類あります。

@ストレスを減らし、ストレスを生命力より小さくする

Aストレスの方を他人の力を使い持ち上げてもらう

B生命力を大きくする


@とは一時的には効果があると思います。しかし、現代社会でストレスを少なくすることはなかなか難しいと思います。

Aは対症療法で一時的に症状をごまかしている状態です。

シーソー ストレス小.jpg

カイロプラクティックで行うことはBの生命力を大きくすることです。
生命力が働きやすいキッカケをアジャスト(調整)であたえることですぴかぴか(新しい)


posted by chiropractor1224 at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。